バンク・オブ・アメリカが10件の仮想通貨特許取得

by Forex Magnates at 21 December, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外

NYC-skyline

 

先週木曜日、米特許商標庁(PTO)はバンク・オブ・アメリカ (BoA)が出願していた新特許10件を承認した。この特許が出願されたのは2014年6月。

今回承認された特許:

  • CRYPTOCURRENCY OFFLINE VAULT STORAGE SYSTEM
  • Cryptocurrency Transformation System
  • CRYPTOCURRENCY RISK DETECTION SYSTEM
  • CRYPTOCURRENCY TRANSACTION VALIDATION SYSTEM
  • CRYPTOCURRENCY ELECTRONIC PAYMENT SYSTEM
  • CRYPTOCURRENCY SUSPICIOUS USER ALERT SYSTEM
  • Cryptocurrency Aggregation System
  • CRYPTOCURRENCY ONLINE VAULT STORAGE SYSTEM
  • Cryptocurrency Transaction Payment System
  • Cryptocurrency Real-Time Conversion System

 

上記10件以前にも、“METHOD FOR INTEGRATING CRYPTOCURRENCY TRANSFER ON A SOCIAL NETWORK INTERFACE” と “System and Method for Converting Cryptocurrency to Virtual Assets Whose Value is Substantiated by a Reserve of Assets”の2件が申請されている。前者は2014年6月出願、12月3日承認。後者は2015年出願、11月19日承認。

興味深いことだが、近年出願された仮想通貨関連の特許のほとんどが仮想通貨を資産として扱っており、その基礎となるブロックチェーン技術に関するものではない。バンク・オブ・アメリカも、そのトレンドに即している。

ブロックチェーン技術についての特許が比較的少ない原因としては、現在多くの銀行が他の企業と協同でブロックチェーンを開発しているという事情が挙げられる。また、特許出願から承認までのタイムラグが大きいことも一因かもしれない。ブロックチェーン分野の事業のほとんどが、昨年始まったばかり。2016年はさらなる発展が期待される。

 





コメントはまだありません.