資産管理アプリのマネーツリーがウェブ版サービス開始

by Forex Magnates at 16 December, 2015 カテゴリ: 金融 テクノロジー

Dollar_Blue_Gradient

 

12月15日、マネーツリー株式会社(東京都渋谷区)が、資産管理アプリ「Moneytree」のウェブバージョンのリリースを発表した(ウェブバージョン: https://www.moneytree.jp/app)。対応ブラウザはSafari、Chrome、Internet Explorer 11、Firefox。

 

これまではスマホのみでサービスを展開してきたが、今回スマホアプリ運営で培ったノウハウをもとに以下の内容でウェブバージョンのサービスを提供するという:

 

  1. 無制限の過去のデータ取得
  2. 11件以上の金融口座の連携
  3. 複数口座のデータの一括取得
  4. 広告の非表示
  5. グラフ機能および内訳
  6. 項目テンプレートの複数作成
  7. バックアップサービス
  8. サービスの継続性保証
  9. ポイントの期限切れなどの通知全般

 

また、ウェブバージョンの新機能としては、カンタンかつスピーディーに大量の領収書を処理できるドラッグ&ドロップ機能、チャットによるカスタマーサービス機能が追加される。

 

このアプリは、日頃から使用している銀行口座や電子マネー、クレジットカードの情報を最初に登録しておくだけで、あとは自動的に利用履歴を記録してくれる。そのため、同社のプレスリリースによると、「Moneytree」は“継続できる家計簿アプリ”として多くの人に好評だという。

 

マネーツリーは、2012年創業のフィンテック・スタートアップ企業。国内の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー)1,550社(国内金融機関の99%)から明細情報を取得し、個人や法人の会計管理に役立つサービスを提供している。個人向け家計簿アプリ「Moneytree」、経費清算サービス「Moneytree PLUS」、法人口座向けの「Moneytree PRO」などが同社の代表的なサービス。10月には、国内3メガバンクから大型の資金調達も実施、日本IBMとの事業提携も発表した。さらに、11月末にはマスターカードによるスタートアップ支援プログラム「マスターカード・スタートパス」に日本企業から唯一選出されている。

 





コメントはまだありません.