シード投資ファンド「500 Startups Japan」が起業家育成のためのメンターシッププログラム開始

by Forex Magnates at 10 December, 2015 カテゴリ: 国内総合

usa-880x4001

 

シリコンバレーを拠点として、世界50ヵ国1,200社以上に出資している世界最大のシード投資ファンド「500 Startups」の日本向けファンド「500 Startups Japan」が今年9月に発足した。日本における投資活動を本格化するために設立された同ファンドは「Bring Japanese Startups Global(日本のスタートアップ企業を世界へ)」をミッションとし、約36億円規模を目指している。

 

その「500 Startups Japan」が、日本における起業家支援体制の拡充のために10名のメンターを選任し、メンターシッププログラムを開始したことを発表した。10名のメンターの肩書は、起業家や弁護士、大学教授など。それぞれの専門知識や豊富な実務経験に基づくアドバイスを、次世代を担うスタートアップ企業に提供し、支援を行っていく。

 

同ファンドによると、シリコンバレーには昔から「give back」という文化があるという。成功した起業家らが次世代の起業家にアドバイスや支援を行うというもので、このような文化が新たなスタートアップ企業の発展に繋がっている。

 

500 Startupsのグローバル全体でのメンター数は250名以上。今回はこれに加えて、「500 Startups Japan」単体で日本独自の問題に対応できるメンターを10名迎えた。

将来的にはメンター数をさらに増やし、「シードステージのスタートアップの成長支援とEXIT支援、ひいては日本のスタートアップエコシステムの発展」を目指すという。

 





コメントはまだありません.