ダークマーケットのNucleusが武器の販売停止 パリのテロ事件受け

by Forex Magnates at 26 November, 2015 カテゴリ: 仮想通貨

weapons

 

Photo: Bloomberg

薬物やその他違法密輸品の販売を行うダークマーケットのNucleusが、今後は武器の販売を行わないと発表した。

他のダークマーケット同様、Nucleusでもビットコインにより決済が可能となっている。ビットコインを用いることにより、金融機関を経由する必要がなくなり、規制されることなく匿名で取引できるからである。

報道によると、Nucleusは先週末に以下のメッセージを掲載したという:

「ユーザーの皆様へ

フランスで最近起こった事件を受け、Nucleusでは武器セクションを終了することに決定しました。そして、今後はNucleusのマーケット全体において武器の取り扱いを完全に禁止します。理由は、我々のマーケットで武器を販売するのは、もはや安全ではないからです。ご了承いただきますよう、お願いいたします。」

なぜテロ事件後はNucleusにおける武器の販売が安全でなくなったのかについての詳しい説明は記載されていなかった。

フランスのテロ事件を実行したISISが、テロ活動の資金調達手段として密かにビットコインを使用している疑いがあるという報道もあった(実際に使用したのかどうかについてはまだ証明されていない)。そのため、フランスや日本でも仮想通貨への規制を厳格化する動きがあった。

Nucleusが今回の措置をとるおよそ4ヶ月前には、世界最大のダークマーケットのひとつであるAgoraも同様に武器の販売を終了していた。





コメントはまだありません.