アクセンチュアがアジア太平洋地域におけるフィンテック産業の最新調査を発表

by Forex Magnates at 25 November, 2015 カテゴリ: 金融 テクノロジー

skyscrapers

 

コンサルティング会社のアクセンチュアが実施した最新調査で、アジア太平洋地域におけるフィンテック分野への投資額は今年1月から9月までの9か月間で約35億ドルに達し、前年比4倍以上に増加したことが明らかになった(2014年:約8.8億ドル)。また、日本単独での同期間の投資額は約4,400万ドルだった(2014年:5,500万ドル)。日本でもフィンテック関連の法整備を進めており、来年にも関連法案が提出される予定。環境が整えば、フィンテック産業はさらに成長することが予想される。

 

分野別では決済事業が最も多く40%。次に融資事業(24%)が続いた。電子マネーや仮想通貨による支払いなどはフィンテックの代表的分野としてとりわけ注目されている。融資事業に関しては、P2Pレンディング(ソーシャルレンディング)が新たな投資商品としても急成長中だ。日本国内では、ManeoやSBIソーシャルレンディングなどが代表的。ManeoとGMOクリックホールディングスが資本業務提携に向けた基本合意書を締結したことも記憶に新しい。

 

調査によれば、フィンテック産業への投資件数は昨年の117件から、今年は10月1日時点で122件にまで増加。緩やかながら安定的に上昇している。同社が特に注目している分野は、「ブロックチェーン」「クラウド」「サイバーセキュリティ」。

 

同社執行役員金融サービス本部統括本部長の中野将志氏によると、「現在、銀行ビジネスへのフィンテック活用に関するご相談を数多くいただいています。2015年は、世界中で多くの金融機関がフィンテックのもつ潜在力の取り込みに動き始めたと言えます。」





コメントはまだありません.