米国証券取引委員会がダークプールに関する新規則を承認

by Forex Magnates at 19 November, 2015 カテゴリ: 海外総合

SEC_880x400-880x400

(Photo: Bloomberg)

米国証券取引委員会 (SEC) は、代替トレーディング・システムの透明性及び監督機関による監視の強化を目的とする新規則案を可決した。国内の証券取引所に上場している株式を取引するこれらの代替トレーディング・システムには、悪名高い「ダークプール」も含まれている。

新規則では、ダークプール運営業者やその関連会社に対し、事業内容に関する詳細情報を開示するよう求める。これらの開示内容には、トレーディング・システム上の取引関連情報や注文の種類、マーケット・データ、決済、優遇措置に関する情報が含まれている。

さらに、上記開示情報はSECのウェブサイト上で公開されることになるという。その結果、市場参加者はこれらのトレーディング・システムを利用すべきか慎重に判断することができる。さらに、ブローカー会社による注文処理決定を評価する際や、オーダールーティングに関連して、より詳細な情報を入手することもできる。

このように詳細な情報が開示されることで、ダークプール運営業者の事業上の利益と市場参加者の利益が競合・対立するという潜在的な利益相反に関する重要な見識を提供することになる。

また、新規則では、SECはダークプール運営業者の届出の有効・無効を判断することになる。SECによると、新規則によって、エクイティマーケットに対する現行の監視・規制がより一層促進されることになるという。

した。国内の証券取引所に上場している株式を取引するこれらの代替トレーディング・システムには、悪名高い「ダークプール」も含まれている。

新規則では、ダークプール運営業者やその関連会社に対し、事業内容に関する詳細情報を開示するよう求める。これらの開示内容には、トレーディング・システム上の取引関連情報や注文の種類、マーケット・データ、決済、優遇措置に関する情報が含まれている。

さらに、上記開示情報はSECのウェブサイト上で公開されることになるという。その結果、市場参加者はこれらのトレーディング・システムを利用すべきか慎重に判断することができる。さらに、ブローカー会社による注文処理決定を評価する際や、オーダールーティングに関連して、より詳細な情報を入手することもできる。

このように詳細な情報が開示されることで、ダークプール運営業者の事業上の利益と市場参加者の利益が競合・対立するという潜在的な利益相反に関する重要な見識を提供することになる。

また、新規則では、SECはダークプール運営業者の届出の有効・無効を判断することになる。SECによると、新規則によって、エクイティマーケットに対する現行の監視・規制がより一層促進されることになるという。





コメントはまだありません.