Visa Europe Collabがスタートアップ企業とパートナシップ締結 ブロックチェーン送金テストのため

by Forex Magnates at 17 November, 2015 カテゴリ: 金融 テクノロジー

Visa

 

ビザ・ヨーロッパ・コラブ(Visa Europe Collab) がこのたび、ブロックチェーン・スタートアップ企業Epiphyteとパートナシップを締結した。ブロックチェーンによる国際送金のテストを実施するため。

ビザ・ヨーロッパ・コラブは、ビザ・ヨーロッパのイノベーション・ラボ(研究所)。ビザ・ヨーロッパは、少し前まではビザ・インク(Visa Inc) (NYSE:V)からは完全に独立した事業体だった(11月初めに買収されている)。このラボから良いアイデアが生まれれば、ビザ・ヨーロッパがそれをもとに実社会に応用できるよう開発するという。

ビザは、広範なフィンテック・イニシアティブの一環としてリサーチ・プランを発表しており、今年初めにはブロックチェーン進出企業の仲間に加わっている。また、仮想通貨スタートアップ企業として注目されているチェーン(Chain)への主要出資企業のうちの一社でもある。チェーン社では現在、金融市場の広範囲に応用可能なブロックチェーン・テクノロジーを開発中。

公式ウェブサイトによると、「EpiphyteはブロックチェーンSaaSサービスを提供している企業です。Epiphyteのサービスでは金融取引時の即時決済やDVP決済 (delivery versus payment:支払いが実行されることを条件に有価証券の引き渡しを行う) が可能です。」このシステムは、複数の世界的大手金融機関がFX・コモディティ・プライベートエクイティ等の取引に使用してきた実績があるという。

プレスリリースによれば、両社は従来型送金プロセスに代わる手段としてビットコインを用い、実社会における決済のシミュレーションを実施しているという。コストダウンとリードタイム削減が狙いだ。

大手決済会社とパートナシップを締結することで、POC(概念実証)と実社会との間に横たわる多くのギャップを埋める作業も促進されることだろう。

 





コメントはまだありません.