フィンテック協会にメガバンクや大手企業が続々と加入

by Forex Magnates at 11 November, 2015 カテゴリ: 国内総合 | 金融 テクノロジー

technology

 

10月から発足した国内初の本格的なフィンテック業界団体、一般社団法人 フィンテック協会(英文名:FinTech Association Japan)(公式サイト http://www.fintechjapan.org/)にこのたび新しく法人会員が加入した。

 

公式サイトによると、11月10日付けで新会員としてNTTドコモ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、ジャパンネット銀行、セブン銀行、三井住友銀行、みずほフィナンシャル・グループ、クレディセゾン、新生銀行、その他有名大手企業の計23社が加わった。

 

フィンテック協会は、2014年秋頃より国内のフィンテック・スタートアップ企業らが集まって定期的に開催してきたコミュニティ活動「FinTech Meetup」が前身。日本のフィンテック産業を代表するスタートアップ企業21社が共同で立ち上げた。マネーツリー、コインチェック、クラーケン、インフキュリオン、メリービズ、Orb等がメンバーとなっている。
同協会は、「関係省庁(金融庁等)や関係団体(全国銀行協会等)との連携及び意見交換(ガイドライン等)」、「国内外の関連諸団体等との情報交換や連携・協力のための活動(Fintech Meetup)」などの活動を通して、関係省庁と力を合わせながら日本におけるフィンテック・ビジネスの環境整備や発展を目指すという。





コメントはまだありません.