BNPパリバが香港のプライベート・トレーディング・プラットフォームを終了

by Forex Magnates at 9 November, 2015 カテゴリ: 海外総合

BNP880x400-880x400

 

BNPパリバが香港のプライベート・トレーディング・プラットフォームを終了したことが、同社が顧客向けに送付した通知により明らかになった。このプラットフォームはいわゆるダークプールと呼ばれるものだった。

今回のBNPによる措置は、香港における金融市場規制の厳格化が影響していると考えられている。この金融市場規制は12月より施行される予定で、その結果ダークプール運営に関連するコストやリスクが著しく増大すると予想される。世界中の金融監督機関と同じく、香港でも業界の透明性強化に力を注いでいる。

ブルームバーグが入手した、BNPの顧客向け通知に記載されていた内容:

「顧客ニーズ、及び関連する規制環境の変化を理由として、香港のBNP Paribas Securities (Asia) Ltd.はダーク・リクイディティ・プール・トレーディングサービスBNP Internal Exchange (BIX)を2015年12月をもって運営停止させていただくことに決定いたしました。」

また、BNPは今回停止するダークプールの代替ソリューションの提供も検討していると補足したが、ひとまず現在の全注文は香港証券取引所に移管される予定だという。

この8月、同社は香港証券先物取引委員会(SFC)から約200万ドルの罰金を科されたばかりだったが、今回の新規則でさらに追い打ちをかけられたように見える。

ロイターによると、現在香港には16のダークプール運営会社が存在しており、マーケット全体の2%を占めている。一方、欧州や米国においては、このようなプラットフォームが全てのトレーディング高に占める割合は約10%となっている。





コメントはまだありません.