BATSの10月のエクイティ・マーケットシェアは記録的な上昇

by Forex Magnates at 9 November, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

3D-Wooden-Logo-MockUp-880x400

 

BATS Global Marketsの欧州エクイティにおける10月のマーケットシェアは26%と記録的な数値に達した。また、同社の月次取引高報告書によると、Chi-X Europeによる一日平均名目取引価値は491億ユーロ (533億7000万ドル)、Chi-X Europeによる一日平均取引高は128億ユーロ (139億ドル)だった。

Chi-X Europeにおいては、3ヶ月連続で力強い業績を記録したことになる。9月の取引高は、前月比で24.8%増だった。

一方、FXトレーディング・プラットフォームのHotspotにおいては、取引高が大幅に減少。総額5269億ドルとなった(前年同月: 7896億ドル)。また、この10月の一日平均取引高は239億ドル、前年同月の343億ドルからダウン。また、この10月は前月比でも減少が見られ、9月の一日平均取引高262億ドルと比較しても低い数値となっている。9月の月間の総取引高は5759億ドルだった。

BATSによると、同社のオプション取引の業績も好調で、同社オプション・トレーディング・プラットフォームBZX Optionsのマーケットシェアは7.9%と、9月の6.5%よりも増加。さらに、11月2日には第2番目となるオプション・トレーディング・マーケットプレイスEDGX Optionsもリリース。この新しいプラットフォームは、同社のEquinix NY5データセンターを基盤としている(同社米国エクイティ、オプション、Hotspotで使用されているのと同じデータセンター)。

米国において、同社はETFトレーディング・マーケットプレイスではトップの座を維持しており、全ETF取引の27.2%を占めている。同社によれば、この数値は同社史上第2位の記録。





コメントはまだありません.