インターナショナル・エクスチェンジが2015年10月の取引高を発表 FXの一日平均取引高は減少

by Forex Magnates at 5 November, 2015 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム

ICE

 

Photo: Bloomberg

取引所及びクリアリング・ハウス(清算機関)のグローバル・ネットワーク、インターナショナル・エクスチェンジ (NYSE: ICE)が2015年10月の取引高を発表したことが、最新の声明で明らかになった。

先月発表されたICEの今年9月の先物オプション一日平均取引高 (ADV) は約定数470万件、前年同月比 -6.0%減だった。一方、同月のコモディティのADVは270万件と、前年同月比で3.0%増を記録した(2014年9月:260万件)。

しかし、この10月の先物オプションADVは470万件と、前月比で実質的に変わらず。一方、前年同月比では-2.0%減だった(2014年10月:480万件)。コモディティADVも今年9月の270万件からわずかに増加し、10月は280万件を記録。前月比で5.0%増となった。

10月のエクイティ指数のADVはたったの330,000件、前月比で -47.5%も減少した(2015年9月: 628,000件)。しかし、前年同月比では-31.0%減(2014年10月: 476,000件)と前月比の場合に比べて減少率は小さめだった。

FXと信用取引部門の取引高については、この10月は力強い業績を報告することはできなかった。10月のADVは33,000件と、前月比で -37.8%減となった(9月: 53,000件)。前年同月比でも-25.0%減の(2014年10月: 44,000件)。

先月、ICEは2015年第3四半期(9月末決算)の財務業績を発表している。第3四半期の連結純利益は3億600万ドル、連結収益(トランザクション・ベース費用差引)8億1600万ドル。連結収益は前年同期比で9.5%増加している(2014年第3四半期:7億4500万ドル)。また、同四半期の希薄化後一株当たり利益 (EPS) は2.76ドル(GAAPベース)。前年同期比で53.0%増と大幅に改善した。

intercontinental-exchange2





コメントはまだありません.