オーストラリア証券取引所が2015年10月の指標を発表

by Forex Magnates at 5 November, 2015 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム

AUD-Australian-Dollar_880x400-880x400

 

Photo:Bloomberg

オーストラリア証券取引所 (ASX) が2015年10月の指標を発表したことがASXの声明で明らかになった。10月は、多くの主要ベンチマークや指数において資本の安定的な増加が確認された。

オール・オーディナリーズ(オーストラリア全普通株指数)で測定した場合の10月ASX上場株式の価値は、4.5%と堅調な上昇を記録。しかし、この数値は多くの他の市場を下回っており、とりわけドイツ (12.3%)、日本 (9.7%)、米国 (8.3%)よりも低い結果となった。

さらに、ASXではボラティリティ低下に悩まされており、このこともASXの業績が他の先進国の取引所よりも悪い理由のひとつとして考えられている。実際に、オール・オーディナリーズを適用した場合のボラティリティは0.7%と、前月の1.3%よりも低い水準となっている。

この10月の総資本調達額は118億ドル。新規資金調達全体では、同取引所における10月の調達額は43億1800万ドル、前年同月比126.3%増(2014年10月:19億800万ドル) 。

10月のASX現金市場の総価値は957億ドル、前年同月比1.9%増(2014年10月: 939億ドル)。また、同月の市場内平均日次売買代金は38億ドル、前年同月比9.0%増だった(2014年10月: 35億ドル) 。

10月のASXにおける総約定数は919万件、前年同月比 -12.5%減(2014年10月: 1049万件)。

9月、ASXは香港に新オフィスを設立。同地域におけるASXのプレゼンスを高め、さらなる事業拡大と顧客基盤強化を目指している。この新オフィスは10月1日、香港金融街の中心地にオープン。ASXのアジア事業開発マネージャーのジェームズ・キーリー氏が責任者を務めている。

 





コメントはまだありません.