インヴァスト証券が第2四半期連結業績発表、中間配当の支払いも決定

by Forex Magnates at 2 November, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者

skyscrapers

 

「シストレ24」、「くりっく365」等が人気のインヴァスト証券が10月30日、第2四半期連結業績を発表した。この四半期の業績は前年同期比で大幅な改善が見られた。

 

この第2四半期の同社の連結業績は、営業収益・純営業収益ともに前年同期比63.2%増の19億9500万円(前年同期:12億2200万円)。営業利益に関しては、前年同期に5億8100万円の損失を計上していたのに対し、今期は2億3200万円の黒字。また、経常利益も2億1500万円(前年同期:5億5200万円の損失)と、全体的に好調な業績が明らかになった。

 

また、同社は10月30日開催の取締役会において、今年9月30日を基準日とする中間配当金の支払いを決議したことも発表。同社はこれまで年1回の期末配当のみを実施してきたが、今年は一株あたり40円の中間配当金(総額2億3400万円)を支払う。効力発生日は12月4日。

 

同社の公式声明によると、「株主の皆様への利益還元の機会を充実させるため、平成28年3月期より、中間配当を実施することといたしました。 また、継続的かつ安定的な配当を実施するため、連結純資産配当率(DOE)を配当方針の指標として追加することとし、今後は、連結配当性向30%またはDOE4%(年率)のいずれか高い方を目安とした配当 を実施いたします。」として、中間配当金40円、期末配当予想40円とし、年間配当予想額を80円に修正した(昨年度実績は期末配当金のみで71円)。





コメントはまだありません.