大和証券がGMOクリックの株式9%を取得へ

by Forex Magnates at 30 October, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

FFAJ

 

Photo: Bloomberg

大和証券 (TYO:8601) と取引高世界最大のFX会社GMOクリック・ホールディングス (TYO:7177) が基本合意書を交わした。この条件において、大和証券はGMOインターネットが保有するGMOクリックの株式の一部を取得、両社は事業提携を結ぶ。

現在の低利率は近い将来も継続するとの見通しから、大和証券 (TYO:8601) はリテール投資家向け事業の拡大に再度テコ入れすることを決意。同社経営陣による中期計画では、2017年度までの3年間の間に「貯蓄から投資」への移行を目指す。

超低金利にも関わらず、日本の貯蓄文化は相変わらず根強く残っている。日銀による量的質的緩和政策の実施の結果、マーケットは活性化し、ブローカー会社は利益を享受している。

今後、大和証券 (TYO:8601) とGMOクリックは共同で顧客にとってさらに魅力的な金融取引サービスづくりに取り組んでいくという。大和証券の強固な事業基盤と有価証券取引事業の経験、そしてGMOクリックの有する独立したシステム開発力や力強いオンライン・マーケティング能力といった、両社がそれぞれ持つ能力が事業提携によりシナジー効果を発揮すると期待される。

より詳細な情報は、2016年3月末には発表される予定。

大和証券 (TYO:8601) は、GMOインターネットから同社が有するGMOクリックの株式11,100,000株(株式全体の9.6%に相当)を購入する予定。事業提携の進捗によっては、大和証券は将来的にGMOクリックの発行済株式を最高で20%取得する可能性もあるという。

 





コメントはまだありません.