名古屋のバイオセキュリティ会社ディー・ディー・エスが世界初のウェアラブル指紋認証機器「magatama」を発表

by Forex Magnates at 29 October, 2015 カテゴリ: 国内総合 | 金融 テクノロジー

technology

 

インターネットが発達し、それに伴ってセキュリティ上のトラブルも急増している。インターネット以外でも、街中であらゆるサービスを受ける際に、以前よりも厳密な本人確認手続きを求められることが増えている。利用しているサービスごとに異なるIDやパスワードを管理しきれなくなって、頭を抱えている方も多いのではないだろうか。

 

10月27日、名古屋に本社を置く株式会社ディー・ディー・エス(代表取締役社長:三吉野健滋氏)が世界初(2015 年 10 月現在 同社調べ)のウェアラブル指紋認証機器「magatama」を発表した。「magatama」は、その名の通り勾玉(まがたま)の形をした手のひらサイズのデバイス。キーホルダー型の小型デザインは持ち運びやすく、見た目にもスマートだ。デザインの柔軟性も高く、アクセサリー感覚で身につけることができる。

 

スマートフォンとはBlootoothで、その他外部端末とはNFCで接続可能。外出先でスマホを鞄やポケットからいちいち取り出さなくても、「magatama」をかざすだけでOKだ。電子マネーの支払や交通機関、ロック解除、入退室管理など各種手続きがスムーズに完了する。ID・パスワード入力の手間が大幅に削減できる画期的な商品だ。

 

ディー・ディー・エスは、1992年創業。名古屋大学、名古屋工業大学との共同研究も行っている。これまでにも、生体認証を活用した様々なセキュリティ・ソリューションを提供してきた。

 

「magatama」は市販のコイン型リチウム電池で約1年間使用できる。本体価格はオープン価格。来月末から販売開始する予定。





コメントはまだありません.