ドイツ証券取引所が第3四半期の好調な業績を発表

by Forex Magnates at 29 October, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

m677074

 

Photo: Bloomberg

ドイツ最大の取引所運営会社、ドイツ証券取引所(Deutsche Börse)グループが2015年第3四半期の業績を発表した。純収益は前年比20%増の 5億9440万ユーロ。今回収益が大幅に増加した主な原因は、エクイティマーケットで持続している高ボラティリティ、有価証券の保管・管理及びマーケットデータ事業がポジティブな水準で発展したことが挙げられる。

同四半期の営業費用は3億4400万ユーロと、25.5%増加。連結、及び為替レートによる影響が主な原因。調整後EBITは2億8310万ユーロ、前年同期比21.4%増。一株あたり基準利益(調整後) は1.03ドル。

同グループは最近、インデックス・プロバイダー会社STOXXの買収、及び店頭取引(OTC)プラットフォーム360Tの買収を完了した。この2つの買収の資金として、元本6億ユーロのハイブリッド・ボンド、自社株式2億ユーロ、元本5億ユーロの債券を売却した。360Tの業績は10月1日よりドイツ証券取引所の財務諸表に含まれる。

360T買収の結果、現在同グループが予想している2015年の営業費用(経常外項目調整後)12億4500万ユーロ。併せて、年末までに追加で約1700万ユーロの純収益を発生させる見込みだとしている。

 





コメントはまだありません.