マネックスが第2四半期・上半期の好調な業績を発表

by Forex Magnates at 28 October, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者

japanese-flag

 

Photo: Bloomberg

マネックス・グループが27日、最新四半期及び上半期の財務業績(日本の会計基準)を発表した。四半期・上半期ともに、前年比で業績が改善していた。

上半期(2015年9月30日決算)については、同グループの総営業収益は289億円 、前年同期比26.5%増。税引前利益は著しく急上昇し、前年比1562.1%増の52億円に達した。最終利益は35億円と、3億400万円の損失を計上していた前年同期から劇的に回復した。

四半期業績(2015年9月30日決算)については、全項目につき改善が見られたが上半期ほどではなかった。この四半期の同グループの総営業収益は147億円、前年同期の142億円から増加した。税引前利益は 17億7000万円、前四半期(2015年6月30日決算)の17億3000万円から増加。四半期利益は17億6700万円、ここでも前四半期の17億3300万円からやや増加した。

また、マネックス・グループは同日に完全米国子会社のMonex Inc.も好業績を達成したと発表。 Monex Inc.の上半期(2015年9月30日決算)の営業収益は191億円、前年同期比28.3%増。正味営業収益は前年比30.8%増の174億円。また、最終利益は 前年同期比で72.3%も急上昇し、33億円に達した。

今月初め、マネックス・グループは9月の事業指標も発表している。それによると、9月はFX取引高の低下が見られ、さらに一日平均収益取引(DARTs) も減少していた。





コメントはまだありません.