マネーツリーが国内メガバンク3社とセールスフォース・ドットコムから資金調達

by Forex Magnates at 23 October, 2015 カテゴリ: 国内総合 | 金融 テクノロジー

japan-217882_1280-880x400

 

昨日、日本IBMとフィンテック関連事業での業務提携を発表したマネーツリー株式会社(東京都渋谷区、ポール・チャップマン代表取締役)が、国内大手銀行らから大型の資金調達を実施したことも明らかになった。今回の資金調達では、セールスフォース・ドットコムを中心として、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルが参加している。

 

同社の公式声明によると、今回の出資の目的は「金融インフラサービス『MT LINK』について、新しい分野にも開放するもとで、国内金融サービスの効率化・グローバル化に貢献」すること。マネーツリーが独自に開発を進めてきた「MT LINK」は、昨日発表された日本IBMの事業提携においても、「IBM Bluemix(ブルーミックス)」とAPI接続することになっている。

 

マネーツリー株式会社は、2012年創業のフィンテック・スタートアップ企業。国内の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー)1,550社(国内金融機関の99%)から明細情報を取得し、個人や法人の会計管理に役立つサービスを提供している。個人向け家計簿アプリ「Moneytree」、経費清算サービス「Moneytree PLUS」、法人口座向けの「Moneytree PRO」などの同社の代表的なサービスのプラットフォームとなっているのが「MT LINK」だ。

 

ちなみに、10月1日から発足した業界団体、一般社団法人Fintech協会では同社のマーク・マクダット取締役が理事を務めている。





コメントはまだありません.