英国でP2Pレンディングが急成長中 2015年は20億ポンド超え:第3四半期データ

by Forex Magnates at 23 October, 2015 カテゴリ: 金融 テクノロジー

london4-1

 

Photo:Bloomberg

P2P(個人対個人)ファイナンス協会 (P2PFA) が英国P2Pレンディング市場の最新データを発表した。P2PFAは英国におけるP2Pレンディング事業の促進、及び新たな金融商品に関する事業活動基準の作成を目的として2011年に設立された業界自主規制団体。

第3四半期の同業界における新規貸付高は、前四半期比19.7%増の6億730万ポンド(2015年第2四半期: 5億730万ポンド)。2015年全体では、15億8000万ポンドがこれまでに貸付けられた。今年通年の新規ローン総額はこのまま20億ポンドを超える見通しで、昨年までの累積総貸付額21億8000ポンドも凌ぐ勢いだ。

借入者数の急増も、P2Pレンディング事業の成長を後押ししている。第3四半期の借入者数は225,064名。前四半期比19%増、2014年末時点での数値も61%上回っている。

個別のP2Pレンディング事業会社では、Zopaの累積貸付額が10億ポンド超え。第3四半期には1億6060万ポンドの新規ローンが処理された。その次に続くのは、Funding Circle。同社は自社プラットフォーム上で1億4610万ポンドの新規ローンが実行された。三番目はRateSetterで、同社の新規ローン額は1億2740万ポンド。Funding CircleとRateSetterは両社ともに累積貸付額が8億ポンドを超えており、 今年第4四半期か2016年初めには10億ポンドの壁を突破するのではないかと予想されている。

上記の英国P2Pレンディング事業トップ3社は、それぞれ異なる貸付モデルで提供している。Zopaは消費者ローン市場に特化。一方、Funding Circleは消費者市場には一切関与せず中小企業向け貸付のみ行っている。RateSetterの場合は、消費者と事業者両方向けのハイブリッド型ビジネスを実施している。





コメントはまだありません.