FxProのシニアアナリスト、アングス・キャンベル氏が退職

by Forex Magnates at 19 October, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

fxpro

 

FxProのシニアアナリスト、アングス・キャンベル氏(Angus Campbell)が同社を退職することが、ファイナンス・マグネイトの調べで明らかになった。

キャンベル氏は2013年にFxProに入社、シニアアナリストとして勤務した。豊富な実績があり、世界中の大手メディアにも取り上げられた。ブルームバーグ、CNBCヨーロッパ、ロイターズ TV、CNN、BBC、Sky Newsなどのメディアからの信頼も厚く、業界トップクラスのアナリストとして独自のポジションを築いてきた。FxProの現在の役職からは離れるが、今後も同社の業務に別の形で関わっていくという。

2013年半ばにFxProに入社する以前は、ロンドン・キャピタル・グループ(London Capital Group) (LCG) に5年以上勤務していた。同社では、セールス部門長からマーケット・アナリシス&コミュニケーション部門長まで、様々な上級管理職を経験。2005年から2006年までは、シティ・インデックス(City Index)のセールス部門長や同社の一部門であるIFX Marketsのロンドンのセールス&マーケティング部門長も務めていた。

最近では、FxProは6月に 全世界の顧客向けに金融商品セットを拡充したことを発表してニュースになった。この商品リストには、米ドルインデックスや中国エクイティインデックス、最も取引されている企業トップ50社などの新規上場指数が追加された複数のCFD製品が含まれている。

 





コメントはまだありません.