ビットコインが8月以来初めて250ドルをつける

by Forex Magnates at 14 October, 2015 カテゴリ: 仮想通貨

Bitcoin-price-Oct-13-880x400

 

ビットスタンプでビットコイン (BTC/USD)が250ドルをつけた。8月19日に13%急落して以来、250ドルを上回ったのは初めて。

250ドルをつけるまでのこの3週間ビットコイン価格は継続的に上昇しており、223ドルのサポートレベルを12%上回っている。

その結果、8月初旬以来初めて、50日移動平均線を上抜けた。

8月のボラティリティ、その他200ドルを下回ったりするたびに、ビットコイン通貨は無くなるのではないかと言われてきた。ブロックチェーンやその他の分散型台帳テクノロジーが台頭する中で、ビットコイン通貨の影は薄くなりつつある。一過性のブームとしてのビットコイン通貨の時代は終わったように見える。

それでも、2015年はビットコイン価格が比較的安定していた年だったと言える。ボラティリティの高かった一定期間を除いて、ビットコインは多くの株やコモディティ、不換通貨よりも穏やかな値動きだった。

2014年と同様に、8月のボラティリティが今四半期にも継続すると予想していた人もいるだろう。しかしながら、第4四半期は史上最も安定した時期となっている。つまり、8月のボラティリティの少なくとも一部については、その当時のグローバル金融市場の大変動により引き起こされたものだったことを示している。

今回明らかになったビットコインの安定性は、機関投資家やヘッジファンドからの注目を集めることだろう。信頼できる価値貯蔵手段として受け入れられ、デジタル版ゴールドとして認識されることになるかもしれない。または、規制された取引所や金融商品、指数が登場すれば、取引活動もよりスムーズになり、その結果メインストリームの投資家を誘致することになる可能性もある。

ライトコイン (LTC/USD) は6週間ぶりの高値3.15ドルを試している。LTC/BTCレートは 0.0127近くを維持している。

 





コメントはまだありません.