地銀も続々とフィンテック参入 ふくおかフィナンシャルグループが大規模なコンテスト開催へ

by Forex Magnates at 7 October, 2015 カテゴリ: 国内総合 | 金融 テクノロジー

technology

大企業に先駆けていち早くフィンテック業界に進出した静岡銀行に続き、九州最大の金融グループであるふくおかフィナンシャルグループ(福岡県)も動き出した。「X-Tech Innovation 2015(クロス-テック・イノベーション2015)」と題し、全国の企業を対象にフィンテック・ビジネスのコンテストを開催する(http://www.fukuokabank.co.jp/xtech2015/)。コンテストの実施期間は、2015年9月1日から2015年12月22日まで。今回のコンテストでは、「決済」と「シェア」を二大テーマとして法人・個人問わず募集を行っている。

 

優れたビジネスアイデアは、コンテスト終了後に事業化に向けての支援を同グループから受けられる可能性もある。最終選考審査員は、九州大学の原田裕一教授、アクセンチュア株式会社執行役員の立花 良範氏、株式会社サムライインキュベート アライアンスディレクター両角将太氏、その他ふくおかフィナンシャルグループの複数の役員が務める。

 

ゲストパートナーや協賛企業には、九州電力やJR九州などの地元企業と共に、TOTO、安川電機、NTTドコモ、ソフトバンク、ソニー、富士通、日本ヒューレット・パッカード、日立製作所等の大手企業が名を連ねる。

 

公式ホームページによると、9月1日から参加登録受付を開始し、10月25日に締め切る。その後11月から1次選考、二次選考を経て、12月22日に最終選考発表。その後懇親会が予定されている。

 

九州のみならず全国の名だたる大企業が多数参加するだけに、開催側にとっても参加者にとっても実りの多いイベントとなりそうだ。





コメントはまだありません.