FXスポットストリームが三菱東京UFJ銀行をリクイディティプロバイダーに追加

by Forex Magnates at 7 October, 2015 カテゴリ: FX取引サービス | 国内総合

GUI-Screenshot-Main

リクイディティマッチ(LiquidityMatch LLC)の子会社であるFXスポットストリーム(FXSpotStream LLC)は6日、三菱東京UFJ銀行(BTMU) が同社のリクイディティプロバイダーに加わったことを発表した。

同社の既存のリクイディティプロバイダーには、クレディスイス、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、BNPパリバ、シティバンク、コメルツ銀行、ゴールドマンサックス、HSBC、JPモルガン、モルガン・スタンレー、スタンダード・チャータード、UBS等がある。

リクイディティマッチ及びFXスポットストリームのアラン・F・シュワルツCEOは「三菱東京UFJ銀行は、今年3番目の新しいリクイディティプロバイダーだ。これで、弊社のリクイディティプロバイダーの数は設立当初の2倍になった。サービス開始後たった3年でリクイディティプロバイダーが2倍になったということは、市場参加者と顧客が取引する際に、新しく、より低コストな方法を必要としていることを意味している。」

さらに、シュワルツCEOは今回の取引に対する自信を見せた。「弊社の事業は全地域において急激に成長しており、2015年は記録的な年となった。9月の総出来高は前月比8.5%増、前年同期比で46%増だった。 また、顧客獲得数も全地域において引き続き力強い数値を記録、9月は前年同期比で50%増となった。時価総額で日本最大の銀行である三菱東京UFJ銀行を迎えることで、東京、アジア太平洋地域、そしてグローバルにおける弊社の顧客数と取引高上昇に繋がると期待している。第4四半期後半には同銀行による業務を開始する予定だ。」

三菱東京UFJ銀行の金融市場部長、岩垂 廣親氏は「FXスポットストリームにリクイディティプロバイダーとして参加できて大変嬉しく思っている。弊社のお客様にも、弊社と取引を行うための新たな場を提供できると期待している。」





コメントはまだありません.