10月1日、一般社団法人 フィンテック協会が正式に発足

by Forex Magnates at 6 October, 2015 カテゴリ: 国内総合 | 金融 テクノロジー

skyscrapers

10月1日、ついに日本でフィンテックの業界団体が正式に発足した。名称は、一般社団法人 FinTech協会(英文名:FinTech Association Japan)だ(http://www.fintechjapan.org/)。日本においてフィンテック業界をリードするスタートアップ企業21社が力を合わせて立ち上げた。その中には、先日ポイントサイト運営会社セレスによる株式取得が話題となったOrbや、クラーケン、コインチェック等の企業が名を連ねる。

このところ、世界的なフィンテック・ブームの高まりを受けて、日本でも金融庁による法整備の検討や大手銀行によるイベント開催などが話題となっていたが、日本におけるフィンテックの発展・普及をさらに促進するべく初の本格的な業界団体が設立された。同協会の公式声明によると、今後は金融機関やその他フィンテックへの進出を目指す企業の活動を支援していくという。具体的には、国内外の関連団体との交流の場を設けたり、関係省庁(財務省、金融庁等)や関係団体(銀行協会等)と連携してフィンテック・ビジネスを培う環境整備を行い、ひいてはグローバルのフィンテック業界における日本の競争力向上に繋げていきたいとしている。

公式ホームページによると、同協会の活動内容は以下の通り:

  • 国内外の関連諸団体等との情報交換や連携・協力のための活動(Fintech Meetup)
  • ビジネス機会創出のための各種活動
  • 関係省庁(金融庁等)や関係団体(全国銀行協会等)との連携及び意見交換(ガイドライン等)
  • Fintech(金融×IT)に関わる調査研究、及び情報発信
  • その他本法人の目的を達成するために必要な活動

FinTech協会は、2014年秋頃から定期的に開催してきた、フィンテック企業による「FinTech Meetup」というコミュニティ活動を基礎としている。代表理事は、メリービズ株式会社の工藤 博樹社長と、株式会社インフキュリオン・グループ の丸山 弘毅社長が務める。メリービズは2011年設立の経理クラウドサービス会社。インフキュリオンは2006年設立の決済サービス会社だ。協会のホームページでは、現在新規入会を受付中。
今後は大企業を含むメンバーも増え、さらに活動が活発化することが期待される。





コメントはまだありません.