ビットコインのポンジ・スキームで告訴されたトレンドン・シェーバーに司法取引

by Forex Magnates at 23 September, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外

court-880x400

 

数百万ドル規模のビットコインによるポンジ・スキームを実行したことで告訴されたトレンドン・シェーバー(Trendon Shavers)が、検察側と司法取引に入ることになった。

テキサス州マッキニー在住のシェーバー被告は、今年3月の時点では無罪を主張していた。報じられるところによると、2011年9月から2012年9月までの間シェーバー被告の会社ビットコイン・セービング&トラスト(Bitcoin Savings & Trust)(BTCST) は764,000ビットコイン(当時約450万ドル相当)の資金を投資家から集めたとされる。被告は、マーケット・アービトラージ戦略を用いて毎週7%、又は年間3,641%の分配金を支払うと投資家に約束していた。

検察によると、被告は実際には、新しく参加した投資家から集めた現金を既存の投資家に分配金として支払っていたという。ファンドの一部は、当時世界最大のビットコイン取引所だった日本のマウントゴックス(MtGox)(破産手続き中、社長は逮捕されている)にも投資していたという。また、シェーバー被告は集めた資金の一部で個人的な贅沢品の購入もしていたと報じられている。今回被害を受けたとされる投資家は48名。

「私がやったことは間違っていたと思うし、非常に申し訳なく思っている」裁判の中で、シェーバー被告はこのように反省の弁を述べたと報じられた。

検察によると、仮想通貨に関する詐欺事件は今回が初めてだという。

シェーバー被告には、2014年9月に米証券取引委員会(SEC)から 4070万ドルの罰金が課され、その後11月に 逮捕された

今回の司法取引により、シェーバー被告有価証券詐欺罪を認めるだろう。もし上訴しなければ、判決により33~41ヶ月間を刑務所の中で過ごすことになりそうだ。また、500万ドルの罰金も支払うことになると予想される。

判決宣告期日は2月3日。





コメントはまだありません.