FXCMの8月指標はボラティリティに沿って大幅に上昇

by Forex Magnates at 17 September, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

Trading-Psycologhy1

 

FXCM Inc (NYSE:FXCM)が8月の取引高指標を発表した。リテール顧客の取引高は総額3290億ドル、名目ベースでは前月比4%増となった。一日あたり平均取引高 (ADV) は前月比14%増の157億ドル。同社が楽天証券に売却したFXCMジャパンとFXCM 香港の数値は除外している。

前年比データを見てみると、昨年8月よりも10%増加しているのがわかる。

FXCM Inc (NYSE:FXCM) の顧客が実行した取引数は11%増の合計594,294件。昨年8月よりも51%増加した。

明るい要素としては、活動口座数が1%(1,145口座)増加し8月末時点で180,722口座となったことが挙げられる。この数値は、前年同月比で1%以上上昇している。

一方取引可能口座数は前月比0.4%減(587口座)の158,300口座となり、わずかに減少。前年同月比では21%減となった。そのため同社は、日本と香港の事業部門売却に関連する修正もあわせて41,077口座を失ったことになる。

法人顧客の場合

7月1日より、ファストマッチ(FastMatch)の法人顧客は同社の直接顧客となった。これを受けて、FXCMは指標数値を修正し、変更を反映した。7月からの取引高はファストマッチの数値を除外して修正再表示している。

8月の法人顧客取引高は総額470億ドル、前月比27%増。前年同月比では20%減だった。同月の一日あたり取引高は23億ドル、前月比44%増。前年同月比では18%減だった。

FXCM法人顧客の総取引高は、一日あたり34,957件の取引から発生している。一日あたり取引数は前月比18%増、前年同月比117%増だった。





コメントはまだありません.