日本IBMも10月からフィンテックに参入、国内外のベンチャー企業と提携

by Forex Magnates at 14 September, 2015 カテゴリ: 金融 テクノロジー

Volatility-city

 

IBMがフィンテック分野に参入していることは本日の別記事でも既に述べているが、この度孫会社である日本IBMも10月からフィンテック事業に進出することが明らかになった。別記事の通り、IBMは既にIoT(モノのインターネット)事業の一環としてブロックチェーン・テクノロジー研究に取り組んだり、デジタル通貨システムの開発にも着手している。また、同社が英国政府と協同で設立した研究所もNPOと提携して今秋からブロックチェーン・テクノロジーの研究に乗り出す。

 

日本IBMは14日、自社ウェブサイトに今回のフィンテック事業進出についての詳細を記載している。具体的には、「IBM Fin Techプログラム」と名付けた金融機関向けのフィンテック支援サービスを10月1日から発足する。最先端技術を誇る国内外のスタートアップ企業や、米IBMの金融機関向けサービスを日本国内の金融機関に紹介するという。

 

また、フィンテック技術を活用したスマホアプリ製作支援、ハッカソン開催、そしてフィンテック・サービスの導入決定後は高度なセキュリティを確保しての運用支援サービス提供なども実施する。次世代型の金融サービス普及に向けて取り組んでいく。同社は、今年中に10社からの受注を目標としている。

 

また、米IBMがグローバルの金融機関との業務において培ってきた経験・技術・知識をもとに、フィンテック・アプリと金融システムをスムーズかつ低コストで接続できるようAPIに関する支援も行う。また、フィンテック分野のスタートアップ企業に対しては、インキュベーションを通してメンターとしての役割も担うなど、教育面での支援活動も行う。

 





コメントはまだありません.