FX会社デイリーニュース: GMOクリック、楽天証券、アルパリ、 FXPRIMUS

by Forex Magnates at 12 September, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者

Trading-Time-red

 

今週の取引もクローズとなった。ここで、世界中のFXブローカーについての最新ニュースを報告する。

9月に入って、FXブローカーからは沢山の新商品やサービスが発表されている。この夏の間取り組んできたことが各社でようやく実った形だ。

また、GMOクリックと楽天証券の両社はモバイル・プラットフォームをアップデートし、アルパリ(Alpari)はスペイン語版ウェブサイトも開始。FXPrimusはイーマーチャント・ペイ(eMerchantPay)と提携し、引き出し手続きを更新した。

日本企業はモバイルアプリをアップデート

日本の大手FXブローカー、GMOクリックと楽天証券の両社はモバイル・プラットフォームをアップデートした。

以前にも、iClickCFDモバイルアプリをアップデートしたと報告している。最新バージョンでは、iOS9ユーザーに発生していた従来の問題は解決されている。

iCLickCFD-300x230

これより、GMOクリックのモバイル版トレーダーは旧バージョンからバージョン1.0.1.にアップデート可能となった。旧バージョンは、9月12日以降はアプリストアでダウンロードできなくなる。

同社は「使いやすく、わかりやすい」サイト作りを目標に、最近モバイルサイトをリニューアルしたばかり。モバイル顧客を惹きつけるために力を注いできたようだ。

一方、楽天株式会社(TYO:4755)の子会社である競合会社の楽天証券は、株式投資アプリiSPEEDが9月20日にアップグレードすることを発表した。このアプリは、同社のマルチアセット・トレーディング・プラットフォームマーケットスピード(Marketspeed)に連動する。

楽天証券は、2010年9月からiPhone向けのiSPEEDアプリをスタートした。その後、2010年9月にMac向けマーケットスピードをリリース。このプラットフォームは、Macコンピュータ向けの株式取引ツールとしては日本初となった。

iSPEED

Macトレンドはその後も継続しており、3月にはアップル・ウォッチでも併用可能なiSPEEDアプリも発表した。

今回アップデートされたアプリでは、東証のアローヘッド表示の引用方法が変わる。具体的には、下記の要素がアップデートされる:

  • 板表示の気配値が8本から10本に変更
  • 構成銘柄の呼値の刻みルールの変更
  • 連続約定気配に関する新項目が追加

 

楽天証券は3月にも、FXCM日本事業部門を6200万ドルで買収した際にもニュースになった。買収に伴い、ユーザーには現在使用中のアプリをアップデートするよう呼びかけていた。

アルパリがスペイン語対応

国際的ブローカー、アルパリはスペイン語圏にも顧客基盤を拡大しようとしている。11日、同社は顧客ポータルのマイ・アルパリ(myAlpari)のスペイン語版を発表した。今後数日中にウェブサイトはスペイン語に対応するという。

同社は、「今後、スペイン語圏のお客様は母国語で完全かつ最新の情報をお受け取りいただける。」とコメントしている。

11日、アルパリは 欧州オペレーション部門の新ディレクターとしてhas hired ロベルト・ディ・アンブロジオ(Roberto d’Ambrosio)氏を起用したと発表した。 アンブロジオ氏は今後、多言語のEU地域全体の事業責任者となる。

FXPRIMUS

最後になってしまったがこれもまた重大なニュースだ。リテールFXブローカーFXPRIMUSは二つの発表を同時に行った。ひとつ目は、引き出し手続きの変更に関する報告、そして二つ目は支払プロバイダーeMerchantPayとの新しい提携だ。

リスクと詐欺行為を削減するため、現在同社ではアカウントへの入金方法と同じ方法によってのみ出金を許可している。同社の発表内容によると、今回の決定により引き出し手続きの効率性と有効性が増大することを期待しているという。

顧客が利用可能な入金・出金方法のひとつに、eMerchantPayがある。今回、FXPRIMUSがeMerchantPayと提携したことで、同社の顧客はビザ・Vペイ・マスターカード・マエストロなど広範囲で一般に利用されているクレジット/デビットカードで口座への入金・出金が可能となる。

同社は顧客資金の保護の促進に向けて取り組んでおり、今回の変更はその一環として実施された。7月、同社はキプロスに拠点を置く国際的な信託サービス提供会社・ビジネスコンサルティング会社のボーディカ・クライアント・トラスト(Boudica Client Trust)に資金手続き管理を依頼している。

 

 





コメントはまだありません.