オンタリオの証券監督機関がエニーオプションに対する注意喚起

by Forex Magnates at 11 September, 2015 カテゴリ: バイナリー・オプション

Regulation

 

オンタリオ証券委員会(OSC) ウェブサイト上に、エニーオプション(Anyoption)という企業に対する注意喚起が掲載された。同社は、会社登記をしないままカナダ居住者に対しサービスを提供していたという。また、同ウェブサイトではウロボロス・デリバティブズ・トレーディング・リミテッド(Ouroboros Derivatives Trading Ltd)についても注意を促している。キプロスに拠点を置くこの会社は、バイナリーオプションブローカー会社のウェブサイトのいくつかに掲載されている。

カナダ法上では、カナダ居住者にサービスを提供しようとする全ての金融サービス提供会社は、ライセンス取得が義務づけられている。同国の監督機関構造は細分化されているため、全ての主要な監督機関は、規則・規制を遵守していないと見られる企業に対し別々に警告を発することになる。

オンタリオ証券委員会のウェブサイト上の発表によると、エニーオプション・リミテッド(Anyoption Ltd.)、エニーオプション・ペイメント・サービシーズ・リミテッド(Anyoption Payment Services Ltd.)、及び/又はエニーオプション・ホールディングス・リミテッド(Anyoption Holdings Limited)は2つのウェブサイト(www.anyoption.ca 及び www.anyoption.com)を使用して同国内でサービスを提供していたが、これらのウェブサイトはカナダで登録されていなかったという。

同社は、有価証券取引、又は投資・有価証券売買に関する助言提供などの事業につき登記していなかったという。

また、同委員会は、投資家にとって危険な会社(又は個人)リストにバイナリーオプションブローカー会社も追加した。ウェブサイトには、「投資家は、これらの個人又は会社には十分に注意してほしい。」と警告を促すメッセージが記載されている。





コメントはまだありません.