コラム:プロ投資家とリテール投資家の違いとは?

by Forex Magnates at 9 September, 2015 カテゴリ: その他 | 海外その他

US-stocks880x400-880x400

(写真:Bloomberg)

プロ投資家とは何だろう?「プロフェッショナル」の定義は、仕事、役職、生きていくための行為、だ。

FXトレーディングに関して言えば、これは厳密には正しいとは言えない。仕事上取り組んでいるというだけでは「プロ投資家」とは言えない、というのが私の意見だ。

毎月継続的に利益を上げている場合のみ、プロ投資家を名乗って良いと思う。そう、プロ投資家を自称できるのは勝ち続けている場合だけだ。

いまだにリテール投資家のメンタリティのままでトレーディングを行っている「プロ投資家」が多い。ここで言う「リテール投資家のメンタリティ」とは、リテール投資家としてマーケットに関してある種の信条を持ってはいるが、それが正しいとは言えない場合を意味している。

その信条についてここでは詳細を述べないが、それを信じるにしろ信じないにしろ、上記のような間違った信条に基づきトレーディングを行っている「プロ投資家」がかなりの数存在している。このような間違った信条に基づきトレーディングを行うと、必ずマーケットで負けると断言する。

私もプロ投資家として長年トレーディングを行ってきたが、トレーディングというのはいつの時代もそんなには変わらないものだ。マーケットが上がれば、その次は下がる。はるか昔に真実だったことは、今も変わらず真実なのだ。そして、近い将来にもそれは当てはまる。マーケットも同じだ。

では、リテール投資家とプロ投資家との違いは何だろう。継続的に利益を上げる投資家との違いとは一体どのようなものなのか?これはかなり難しい質問だが、答えはシンプルだ。そう、「知識」だ。

リテール投資家が損をしているのにプロ投資家が利益をあげているのは、プロ投資家らはマーケットが本当はどのように動いているのか知っているからだ。あなたがリテール投資家からプロ投資家へうまく転身したいのなら、マーケットの動きについて知識を習得する必要がある。あなたがテクニカル分析に基づく投資家であろうが、ファンダメンタルズ分析に基づこうが、利益を得て成功するためには、投資のあらゆる側面について出来るだけ沢山知ることだ。

どんな職業でも知識が必要だ。そしてFX取引もそれは変わらない。知識を沢山習得すればするほど、成功するだろう。そして、リテール投資家からプロ投資家への転身もより簡単になるだろう。

(FX投資家・メンター Robert Taylor)





コメントはまだありません.