トレード・サンダーが再ローンチされたBX8プラットフォームを業界で初めて採用

by Forex Magnates at 8 September, 2015 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者

Leverate-3D-color

この2ヶ月のあいだに、 リバレイト(Leverate)がバイナリーオプション・プラットフォームを再ローンチし、 既に新しいブローカー会社に採用されている。このバイナリーオプション・プラットフォームBX8の新バージョンを業界で初めてディプロイした会社は、最近設立されたトレード・サンダー(TradeThunder)であることが、ファイナンス・マグネイトの調べで明らかになった。

トレード・サンダーはアフィリエイト・ネットワークのスピンオフ企業。そのため、アフィリエイト経由でのマーケティングに焦点を置いていくと見られる。同社はアフバックス(AffBucks)という新アフィリエイト・プログラムを運営しており、同社サイトへのトラフィックのほとんどはそのプログラムによるものになるという。

トレード・サンダーのCEOはファイナンス・マグネイトに対し、リバレイトとの提携に至った経緯を説明してくれた。「弊社は、過去にもブランド発足を検討していたが、ありふれたただの一発屋的なブランドにはしたくなかった。そんな時、リバレイトがやってきて、アフィリエイト経験のあるパートナーを求めていると言ってきた。リバレイトの提案が気に入ったので、提携を推し進めることに決めたよ。」

トレード・サンダーのCEOによると、今回新しく設立した同社は大企業と競争するつもりはなく、自社独自のニッチ分野を見つけたいとしている。同社は、独自のボーナス・モデルを活用することで、他の全てのブランドとの差別化を図る。「誠実なブローカーとして、マネーを生み出すべきだと信じている。」

業界の通例とは異なり、トレード・サンダーでは前もって証拠金ボーナスを付与することはない。その代わり、取引量に応じてボーナスを獲得し、徐々に引き出し制限なしの設定に移行する。投資家らは自分の取引口座にあるものが何であれ常に引き出せるので、ブローカーによって自分の資金が「人質」にされているという感覚はなくなるだろう。これまで投資家は、資金を引き出す前に取引をしなければならず、このことがしばしば不満の種となっていた。

「弊社の目標は、高品質なカスタマーサービスと、FX業界のリーダー企業・リバレイトによる最新のバイナリーオプション・プラットフォームBX8を通して顧客に透明性の高いトレーディング経験を提供することだ。」トレード・サンダーのCEOはインタビューをこのように締めくくった。

トレード・サンダーのプラットフォーム上で使用できる新しいフロントエンド・システムは、シャープなビジュアルと速やかな操作が特徴だ。基本的に、シームレスな通知ポップアップ付きのシングル・ウェブページ上で操作する。トレード・サイズやワンクリック・トレーディングモードへの切り替えなど全設定はメイン・インターフェース上で可能だ。

tradethunderbx8screenshot1

tradethunderbx8screenshot2

 





コメントはまだありません.