日本金融先物取引業協会が第1四半期出来高を報告、FXは四半期損失発生

by Forex Magnates at 31 August, 2015 カテゴリ: 国内総合

FFAJ

 

(写真:Bloomberg)

日本金融先物取引業協会 (FFAJ)は2015年6月30日決算の第1四半期の財務指標を報告、店頭FX出来高の弱さが強調された。同協会の声明で明らかになった。

2015年第1四半期 (4~6月)、店頭FXの出来高は合計11兆7700億ドル。2014年第4四半期の13兆3900億ドルから四半期比で-12.0%となった。反対に、国内FX契約数は2014年第4四半期に合計1016万件を記録した。

会員数に関しては、同協会によると2015年第1四半期の数値には変更はあまりなく、国内FX会社22会員、店頭FX会社56会員だった。

同協会は今月始めに2015年7月出来高を発表した際ニュースになっていた。現在日本のバイナリーオプション市場で営業している8社と取引している顧客についての出来高合計額は3億9200万ドル(480億円)以上に達し、前月比(2015年6月)で10.5%増となった。さらに、既存口座数も2015年7月に323,236口座にまで増加、前月比0.92%増となった。最後に活動口座数に関しては合計14,642口座に達し、純増数542口座となった。





コメントはまだありません.