ビットコイン価格は7カ月ぶりに200ドルを下回る

by Forex Magnates at 26 August, 2015 カテゴリ: 仮想通貨

chart-Aug-25-880x400

(8月25日のビットコイン価格 出典:Bitcoinwisdom)

ビットコイン価格(BTC/USD)は下落を続け、1月中旬以来はじめて$200を下回った。Bitstampでは$198の安値をつけ、直近24時間で13%の下落となった。

その後、$215を上回る価格に戻した。ビットコインは1月のボラティリティーの中で、幾度か$200を下回ったが、毎回すぐにこのマークを上回って値を戻した。今回、このマークを下回った時間は1時間に満たなかった。

ビットコイン価格は$200を下回る水準にとどまるのを本当に避けられるのか、あるいはほぼ2年ぶりの安値水準の時期に入ったのか、来週にかけて何らかのヒントが得られるかもしれない。

ビットコインはつい1カ月前にギリシャ危機により$318の高値をつけて以来、38%下落した。疑う余地もなく、当時は多くのトレーダーが次の急騰だと信じて買い込んだ。それ以来、レバレッジポジションを保有する者は、マージンコールを受け、これが先週Bitfinexでのフラッシュクラッシュを引き起こした。

当時、ギリシャ危機が世界株式市場を混乱させたが、ここ一週間の広範囲のパニックとは比べようもない。中国経済の減速懸念と中国株式バブルの収縮につられ、世界株式は損失の規模と継続時間において新たなマイルストーンを打ち立てた。皮肉なことに、ビットコインの損失は世界のいくつかの主要指数の損失と同程度である。

ビットコインにボラティリティーが戻ってきたことを示す重要な指標は、ライトコイン価格である。ライトコイン価格は、ビットコイン価格を上回るペースで下落している。ライトコイン価格は$2.50の安値をつけ、直近24時間で23%の下落となっている。LTC/BTCレートは0.0125に下落した。





コメントはまだありません.