『LIONバイナリーオプション』がヒロセUKの2015年取引高の58%を占める

by Forex Magnates at 25 August, 2015 カテゴリ: バイナリー・オプション

Hirose-lion-header

日本の大手ブローカー、ヒロセ通商により2012年に立ち上げられたHirose Financial UK(ヒロセUK)は英金融行為監督機構(FCA)ライセンスに基づき、グローバルな顧客にサービスを提供するため設立された。先日提出されたヒロセUKの最新のアニュアルレポートによれば、成長のけん引役になったのは、英賭博規制委員会の規制下で、2014年3月に立ち上げられた同社の「LIONバイナリーオプション」ブランドである。

アニュアルレポートによると、ヒロセUKの2015年3月期の収益は、前期の214,708ポンドに対し、410,893ポンドとなった。しかし主に広告宣伝費から成る費用は1,242,158ポンドとなり、前期の984,396ポンドから増加した。これにより、2015年3月期は831,044ポンドの大幅な損失となり、前期の768,827ポンドより損失が拡大した。

バイナリーオプションの導入により、ヒロセUKの顧客ベースは大きく拡大し、2015年3月期は27,637の新規口座が開設され、前期の8,604口座から221%以上増加した。また、バイナリーオプションサービスが2015年3月期の同社の取引高の58%を占める。

同社によれば、現在、バイナリーオプションサービスが営業戦略の主な柱となっているとのことである。同社はブラウザベースのプラットホームに加え、2014年9月にアンドロイド端末向けアプリの提供を開始するなど、バイナリーオプションサービスを拡大している。

また同社の監査人によれば、同社は2015年3月末時点で504,396ポンドの現金残高があり、これは前期の266,109ポンドから増加した。また満期に近付いている対外債務はないとのことだ。同社は将来にわたって、日本の親会社からの強力な財政支援を受ける。同社は2015年3月期に100万ポンドの増資をした。





コメントはまだありません.