4~6月期GDPは3四半期ぶりマイナスだが「景気回復の見込みは大いにある」

by Forex Magnates at 18 August, 2015 カテゴリ: 国内総合

ihZN4h1fPQaE

 

(写真:Bloomberg)

17日に内閣府が発表した4~6月期のGDP(速報値)は年率換算で1.6%減、3四半期ぶりのマイナスとなった。個人消費と輸出の減少が主要要因。食料品の価格上昇による個人消費が控えられたこと、そして海外景気の悪化による需要減が背景にある。

 

とりわけ、個人消費がマイナス0.8%と大幅に悪化。今年は冷夏によりエアコンや夏物衣料の消費も鈍化したこともやや影響したとの見方がある。4~6月期の企業業績は過去最高水準を記録し好調だったが、GDPには反映されなかった。これは、GDPは国内で発生したモノやサービスの付加価値の総額を示す指標であり、企業が海外で得た利益を算入していないため。海外で獲得した利益は国内の投資や賃金ではなく、現地における再投資に活用されたりしている。

 

しかし、今回のGDPマイナスは一時的なものとする見方が多い。これまで「日本は緩やかに景気回復している」と判断されてきたが、甘利明経済財政・再生相は、「4~6月期に小休止した後も、日本経済は引き続き長期的に回復していくだろう」と述べた。

 

中国の景気減速は今後も注意が必要だが、米国経済が堅調なため見通しはそれほど暗くはない。17日にQUICKが発表した外為市場関係者を対象とする8月調査結果では、市場関係者の約7割が米連邦準備委員会(FRB)が9月に利上げを開始すると予測していることが明らかになっている。しかしながら、中国経済の悪化などの要因により利上げのペースは緩やかなものとなる見通し。





コメントはまだありません.