米国人男性がビットコイン利用による違法武器輸出で懲役刑の可能性

by Forex Magnates at 13 August, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外

hammer

米ミシガン州プレインウェル出身の男性が、いくつかの違法武器に関連する罪で懲役刑に処せられる可能性がある。容疑の中にはビットコインを通じ促進したものがある。

米司法省はBenjamin James Cance被告を三つの容疑で起訴した。それらは、(1)連邦軍需品リストにある銃部品を海外に出荷した。被告はダークネットを通じ、ビットコインを使用して取引を行ったとされる。 (2)ビジネスから得られた利益を家の購入に充てた、マネーロンダリング (3)無登録のマシンガンの不法所持である。

米司法省のプレスリリースでは以下の内容が発表された。

「被告はまた、自分の活動の性質を隠蔽するため、サービスの対価として電子通貨であるビットコインを利用した疑いがある。」

ビットコインは一般的に取引が匿名であり、不審な活動の報告対象となりにくいため、違法な密輸に使われるツールとなっている。

5月にオーストラリア警察は違法武器売却の摘発で、約$80,000相当のビットコインを差し押さえたと報道された。

Cance被告は全ての容疑に無罪を主張し、現在保釈されている。

国土安全保障省、移民税関捜査局、内国歳入庁、米国郵便局調査部、アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局が合同捜査を行った。





コメントはまだありません.