Ethereumの仮想通貨が時価総額第四位に

by Forex Magnates at 11 August, 2015 カテゴリ: 仮想通貨

Ethereum

Ethereumの仮想通貨であるEtherが、時価総額で第四位となり、仮想通貨市場で今最もホットな商品となっている。

Ethereumの作成者はEtherが人気のある商品となるか、どれほど期待したのかは不明だが、いずれにしてもネットワーク上での通貨としての実用性と密接な関係がある。

ビットコインは実際の通貨と同じように、あらゆるものを購入できるように採掘、構想された。これは多くのマーチャントが、ビットコインを支払い方法として受け入れていることでも、ある程度証明されている(しかし大多数はすぐに法定通貨に換金する)。一方Etherの背景にある主な意図は、特定のアクションを実行した時に、Ethereumのネットワーク内で消費され、ネットワークにリソースを提供する者により採掘されることだ。

Ethereumのプロトコルは一週間前に公式に開設された。ジェネシスブロックが作成され、アプリケーション構築のための最初のツールであるFrontierがリリースされた。

Etherは現在、約0.0025BTCで取引されている。約60.4百万が存在し、時価総額は$39百万である。

直近24時間で合計約$430,000相当のEtherが取引され、仮想通貨の中で第四位にランクしている。これはRippleのXRPに迫るものである。

入手可能になって以来、Etherを取り扱う取引所も順調に増えている。Poloniex、Gatecoin、Coinsquare、そして直近ではShapeShiftでビットコインと取引できる。Krakenでは、5つの法定通貨及びビットコインと取引できる。

これまでの取引を見ると、他のコインが時価総額トップテンに入ろうとした時のような(AuroracoinやPaycoinを思い出して頂きたい)過剰で投機的な動きはないようだ。このことは比較的落ち着いた取引高からも見て取れるが、近い将来急速に成長する可能性もある。

これはもしかすると、未来の通貨としてスペキュレーションの対象とはならない、Etherの実用的な役割が知られていることと関係があるのかもしれない。しかし規制のない仮想通貨市場に踏み出した以上、保証はない。





コメントはまだありません.