東南アジアでビットコイン支払いを可能にするためBitXがCodapayと提携

by Forex Magnates at 10 August, 2015 カテゴリ: 仮想通貨

handshake

全てのマーチャントにビットコイン支払いを可能にするため、ビットコインのサービスプロバイダーであるBitXは、シンガポールに拠点を置く代替決済ゲートウェイプロバイダーであるCodapayと提携した。

Bit-X Financialと混同しないように注意が必要だが、BitXはビットコインのウォレット、取引所、マーチャントインテグレーションサービスを提供している。同社はインドネシア、ケニア、マレーシア、ナイジェリア、南アフリカなど、アフリカと東アジア市場でのサービス提供に重点を置いている。これらの地域では、銀行口座を持たない人々が相当数おり、ビットコインが送金の選択肢となりえる。

2~3週間前、同社はスタートアップとして、南アフリカのNaspers Groupの支払い子会社であるPayUにリードされたシリーズAラウンドで$4百万を調達した。

CodapayのNeil Davidson 氏は次のようにコメントした。「東南アジアではデビットカードやクレジットカードがあまり浸透していないため、ビットコインは顧客がオンラインで取引する方法として、非常に有望であると我々は考えている。」

先日Blockchainは東南アジアへ貿易使節団として派遣された際、急速に経済が成長しているにもかかわらず、支払いネットワークの整備が不十分である、と指摘している。

BitXのブログには次のような記述がある。「東南アジアでは支払い分野でとてつもなく大きなチャンスがある。スマートフォンユーザーは非常に高い比率を占め、eコマースの成長率は非常に高く、カード保有者は非常に低い比率を占める。とりわけマーチャントにとって、支払い拒否や詐欺のリスクがゼロになることから、ビットコインが非常に魅力的な支払い方法になる。」





コメントはまだありません.