デューカスコピー・バンクが日本市場再参入のためアルパリジャパンを買収

by Forex Magnates at 6 August, 2015 カテゴリ: 小売外国為替

Dukascopy-leaving-japan

今年6月、デューカスコピー・バンクのスイス部門は日本の顧客に対し、日本での業務を終了すると通知した。現在、デューカスコピー・バンクが第1種金融商品取引業者であるアルパリジャパン株式会社を買収することを認めたことで、同行が日本に再び戻ることが明らかになった。

アルパリジャパン株式会社はまもなくデューカスコピー・ジャパン株式会社と社名を変え、デューカスコピーの自己勘定取引の技術を通してFX取引を提供する。日本の顧客はJForex プラットホームを通じ、デューカスコピーグループの他の全ての顧客たちと同様のプライスフィードと流動性に、直接アクセスできるようになる。業務は2015年10月までに開始される予定だ。

デューカスコピー・バンクのco-CEO でありCTOでもあるAndre Duka氏は次のようにコメントした。「長い間、我々は世界最大である日本のFX市場に参入する機会を望んでいた。我々は、ビジネスや日本市場をよく知っているアルパリジャパンのチームの熱心さとプロ意識に感銘を受けた。このチームこそが取引の主要な資産であり、日本での業務に明るい見通しをもたらす。」

アルパリジャパン株式会社の買収を通して、デューカスコピーグループは今後5年間で、取引高を二倍にする予定だ。直近3年間で、取引高の平均年間増加率は14.3%で、今年6月の月間取引高は652億ドルに達した。

アルパリジャパンの代表取締役社長CEOの田代信次氏は次のようにコメントした。「我々は困難を克服し、市場に戻ってきた。日本とスイスの外交関係樹立150周年を迎えてから最初の年に、デューカスコピー・バンク の一員として、JForex という最も洗練され、世界的なプラットホームで新たなスタートをきることができるのを非常に光栄に思う。JForex は日本のトレーダーにとって朗報になることを信じている。」

デューカスコピー・バンクは今年1月、買収先を検討しており、KPMGの特別管理下にあるアルパリUKの、日本子会社の買収を目指していると発表していた。

今後デューカスコピーグループは高水準の規制を持つ国であるスイス、EU、日本における3法人に加え、EUで認可を受けた支払い・電子マネー法人であるDukascopy Paymentsにより構成される。同グループは現在拡大しており、近い将来新たな子会社を発表すると述べている。

デューカスコピー・ジャパンはアルパリジャパンのチームと経営体制を引き継ぐ予定だ。デューカスコピー・バンクの副社長であり、法人サービスチーフのVagrams Sayadovs氏はアルパリUK代表の後任として取締役になる。





コメントはまだありません.