ベンチマーク情報をいち早く入手 FX市場四半期報告書 (QIR)

by Forex Magnates at 4 August, 2015 カテゴリ: 小売外国為替 | 海外

Q2-Header-1

ファイナンスマグネイトの独自調査報告書、FX市場四半期報告書(QIR)が完成した。これまで同様に、最新のマーケットプレイス市況、分析、データ、及び専門家による見識を購読者に提供し、最新ニュースの入手や精通した見解の構築をサポートする。

 

これまで6年間の歴史の中で、FX市場四半期報告書はFX業界のベンチマーク調査商品としての地位を示してきた。

 

2015年4月のファイナンスマグネイトへのリブランディング成功に伴い、2015年第2四半期報告書では150ページ以上にわたってマルチ・アセット取引についての包括的なパフォーマンス記録及び記事、 コモディティ・為替・Fintech(フィンテック)分野についてのオーダーメイドのデータセットを提供している。顧客の獲得・保持のため最終的ポートフォリオの製品種類を最適化するブローカーの数は徐々に増加しており、2015年第2四半期FX市場報告書でも業界トップの専門家がこのホットなトレンドについて深く掘り下げている。

 

注目のトピックス:

ウェアラブルデバイス: 新しい「マストハブ」アイテムとしての確固たる地位を築いたスマートウォッチはウェアラブルテック市場において大きな位置を占めており、国内外の外国為替業界では需要に応じてトレーディングアプリを大量生産中だ。ファイナンスマグネイトでは、石橋を叩いて渡る安全性重視の人々とは違って積極的にリスクをとっていくタイプのブローカーが人通りの少ない新しい道を進む際に役に立つアプリだと評価した。

バイナリ―オプションの規制: 英国の金融行動監視機構(FCA)がバイナリ―オプションを成熟した金融商品として認可する準備を進めているため、ファイナンスマグネイトチームも賑やかな街中に繰り出して調査を行い、英国マーケット動向の評価や、国民的娯楽やギャンブル、その他FX取引に類似する関心事にスポットライトを当てた。

カントリーレポートスペイン: 金融面でのコンフィデンスと見通しが改善したにも関わらず、スペインは未だFX及び差金決済(CFD)取引コミュニティのメンバーとしては活動していない状態だ。ファイナンスマグネイトとトップクラスのスペイン市場専門家は現実主義と楽観主義の両方を採用し、再活性化中の経済においてリテール取引が最大限活性化されると予測した。

 

その他トピックス:

リテール概況 | 新企業 | 米国収益報告書 | リテール外国為替取引高 | アカウント別リテール外国為替取引高 | MT4使用リテール外国為替取引高 | 機関投資家概況

バイナリ―オプション、仮想通貨、為替及び規制の四半期更新情報

弊社ニュースルームからの特集記事

 





コメントはまだありません.