仮想通貨ビットコイン取引仲介会社「Mt. Gox(マウント・ゴックス)」(東京都渋谷区)社長逮捕、容疑を否認

by Forex Magnates at 4 August, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 国内

ip8A1tNmbtJc

(写真:Bloomberg)

インターネット上で使用できる仮想通貨ビットコインの取引所運営会社「Mt. Gox(マウント・ゴックス)」のフランス人社長マルク・カルプレス容疑者(30)が顧客から預かっている現金を流用し自己名義の口座データの改ざんを繰り返していた事件で、この口座データ改ざんにより不正に水増しした残高の金額は数十億円に及ぶことが捜査関係者に対する取材で明らかになった。

 

マルク容疑者は先日、私電磁的記録不正作出・供用の疑いで警視庁に逮捕されたが、容疑を否認している。

 

警視庁の調べによると、マルク容疑者は2013年2月に社内システムを不正に操作し、顧客の現金を流用したという。この社内システムにアクセスできる権限があるのはマルク容疑者のみであり、流用した資金をビットコイン購入に充て一部を現金化していたという。

 

マウント・ゴックスは2014年2月に経営破綻し、顧客から預かっていた65万ビットコイン(当時のレートで80億円以上に相当)が消失したと発表していた。経営破綻当時、マルク容疑者は「社外からの不正アクセスによりビットコインが盗まれた可能性が高い」と説明していた。

 

その後警視庁がマウント・ゴックスから任意提出された取引記録データの解析を行った結果、外部からの不正アクセスの痕跡はほとんどないことが判明した。

 

マウント・ゴックスは2009年の設立以降短期間で急成長し、100万人以上が利用する世界最大規模の取引所にまで発展していた。

 





コメントはまだありません.