中国の6月の貿易統計 市場予想を上回る

by Forex Magnates at 14 July, 2015 カテゴリ: 中国ウォッチ

Generic_Institutional-880x400

中国税関総署が発表した6月の貿易統計は、輸出・輸入ともに市場予想を上回り、景気が安定しつつあることを示す結果となった。輸出は前年同期比+2.1%と、過去4か月で初めて増加し、市場予想(同-0.2%~+1.2%)を上回る伸びとなった。輸入は同6.7%減と市場予想(同-16.2%~-15.0%)の減少幅を下回った。

東京サミット2015でさらなるFX、FinTechの世界を探求しよう!

この結果、6月の貿易黒字は5月の595億ドルから465億ドルとなった。

韓国の6月の貿易統計も輸出の回復(5月の前年同期比-10.9%に対して6月は同-1.8%)を示しており、今回の中国の輸出の回復と合わせ、対外需要が回復している可能性を示唆している。

また、原油価格の下落にもかかわらず輸入の減少幅が予想を下回ったことについては、中国の内需が回復しつつあることを示している。

貿易統計の発表後、中国株式市場は全般的に底堅く推移しているが、一部のエコノミストは中国経済のファンダメンタルズは引き続き弱く、6月の貿易統計でみられた傾向は長続きしないと警鐘を鳴らしている。

ただ、今回の貿易統計が中国の景気に関して一定の安定を示したことで、もし株式市場が底堅く推移すれば、一段の金利の引き下げ、預金準備率の引き下げといった景気対策の実施が若干後ずれする可能性はある。

7月15日に発表される中国の4-6月期のGDPも注目される。

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。

 





コメントはまだありません.