5月の米貿易赤字、418億7100万ドル=2.9%増加―商務省

by Forex Magnates at 7 July, 2015 カテゴリ: 小売外国為替 | 海外

Generic_Institutional-880x400

米商務省は7日、5月の貿易統計を発表した。発表によると、貿易赤字は418億7100万ドルと、前月から2.9%増加した。ドル高を背景とした輸出低迷や世界需要の低迷、原油輸入コストの増加が重なり、2か月ぶりに貿易赤字が拡大した。

東京サミット2015でさらなるFX、FinTechの世界を探求しよう!

 

5月の輸出は航空機を中心に資本財(自動車・同部品除く)と消費財が落ち込み、0.8%減の1885億9500万ドルとなった。輸入額は、米国における好調な自動車販売を背景に自動車・同部品の輸入額が過去最大の294億6200万ドルとなったが、資本財(自動車・同部品除く)や工業用原材料などが減少し0.1%減の2304億6600万ドルとなった。

事前の市場予想は赤字額が4月の409億ドルから425億ドル~426億ドルに拡大するという予想だったが、赤字幅は予想を下回った。発表後、ドル円は122円半ばで推移。発表された5月の米貿易収支は、赤字幅が予想を下回ったこともあり特に材料視されていない。

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.