BeeksFX VPSはBeeks Financial Cloudを東京のTY3で開始しサービスを展開

by Forex Magnates at 3 July, 2015 カテゴリ: 国内総合 | 金融 テクノロジー

High-end-data-cables

BeeksFX VPSは、世界の個人トレーダーに仮想専用サーバ(VPS)の提供を開始した2011年より金融サービス産業で活動している。それ以来、同社はロンドン、ニューヨーク、東京のエクイニクス社の拠点にデータセンターを置き、世界最大の個人トレーダー向けのVPSサービス提供業者に成長した。

東京サミット2015でさらなるFX、FinTechの世界を探求しよう!

昨年のGallant VPS買収後、Beeksは個人向けFX VPSサーバとしてゆるぎない首位となった。同ビジネスの成長を継続するため、同社は徐々に企業向けに進出しており、ついに新ブランドのBeeks Financial Cloudを開始する。

同社の事業は伝統的にハイエンドの個人向けであったため、同社はそこから一歩踏み出し、手始めにローエンドの企業向けの開拓をする。

ビジネス成長のさらなる躍進のため、企業に対象を拡大

なじみ深いVPS提供とは別に、Beeks Financial Cloudは専用サーバ、コロケーションおよびオンサイトサービスを提供する。同社はエクイニクス社のNY4とLD4に専用のサーバを有しており、このたび東京のTY3にも保有した。オープンコンピュートモデルに基づいており、サービス価格は意欲的なものとなっている。日本における事業拡大の一環として、Beeksは今月末のファイナンスマグネイト東京サミットに参加する。

同社のインフラは、Hotspot FX、Fastmatch、CFH、Interactive Brokers等の多くの場と相互に連結している。ブローカー、ファンドマネジャーおよびヘッジファンドは既に自らのシステムを多くの重要な外為市場の場と相互接続するためBeeksの回線を使用している。

オンデマンドの接続、そしてさらにその先へ

Beeks Financial Cloudは、業界に新しいサービスを導入することを目指している - Beeksの全ての顧客とブローカーが、さまざまな場所への事前接続が盛り込まれたカタログを見て、サービスを選択できるようなマーケットだ。

この試みは企業と業界、ブローカー、ニュース提供者、取引所等がリアルタイムで統合的に接続する新たな世界を開く。いくつかの大企業が同様なサービスを提供しているが、コストとサービスは、Beeks Financial Cloudのように業界全体に取り組んでいる企業とは比べ物にならない。

BeeksのCEO Gordon McArthurがファイナンスマグネイトに語ったところによると、同社はこれにとどまらず、Beeks Financial Cloudは、更なる買収先を探している。1件は発表間近、進行中のものが他にもあり、それらの買収により同社は多様な資産を扱う場となる。

このたび東京のTY3におけるBeeks Financial Cloudのサービスが開始され、同社の顧客は日本における流動性やコロケーションサービスにアクセスできる。

スマートハンド

最近、BeeksはFX業界の企業に対し「スマートハンド」と呼ばれる新たなサービスの提供を開始した。同社はエクイニクス社の全世界のデータセンターで大きな位置を占めているおり、LD4とNY4の近くには自前のエンジニアも置いている。LD4とNY4を使用している企業は、Beeksに外注しサービスを活用できる。

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.