シンガポール金融管理局(MAS)は、ビットコインとそのブロックチェーン技術が金融に影響を及ぼす主要なトレンドと認識

by Forex Magnates at 3 July, 2015 カテゴリ: 仮想通貨 | 海外

singapore

シンガポール金融管理局(MAS)は、ビットコインとそのブロックチェーン技術が金融に影響を及ぼす主要なトレンドと認識し、それらのトレンドを支える技術開発を支援するため2.25億ドルの予算を計上した。

東京サミット2015でさらなるFX、FinTechの世界を探求しよう!

MASのマネージング・ディレクターのRavi Menon氏がFinancial Sector Technology & Innovationにおける「スマート金融センター」と題されたスピーチの中で発表した。同氏は、最も影響力のあるフィンテックの発展をテコにしてシンガポールが「スマートな国家」になるという願望を述べた。
電子マネーの進化に関して同氏は次のように述べた。

「1990年代は、我々は電子マネーは現金や小切手を代替すると考えた。しかしそれは起こらなかった。米国、日本、欧州およびシンガポールを含む世界のほとんどの地域では、銀行外で流通するお札および硬貨の量は毎年堅調に増加している。2000年には、一部の人はネット専業銀行は最終的に伝統的な銀行を代替すると確信していた。これもまた起こらなかった。」

「しかし、今回は違うと信じる理由がある:この技術は、今まで起こらなかった形で本当に金融を変革するだろう。」
さらに、金融サービスにおける可動性の重要性を説明し、さら金に金融の世界を変革する以下の6つの主要なトレンドの概略を示した。それは、(1)モバイルおよびデジタル上の支払い、(2)生体認証、(3)ブロックチェーンと分散型台帳、(4) クラウドコンピューティング、(5) ビッグデータおよび(6)機械学習である。
また、ビットコインの台帳システムの長所を概括した。それは、より迅速であり、より効率的な処理、より低いコストによる運営、そしてシステムダウンに対してより安定的であるということだ。

Ripple等の他のシステムについても、「リアルタイムのグロス決済、為替、振り込みに関し分散型台帳に基づきソリューションを提供する」とコメントし、分散型台帳は非金融アプリケーションでも実用性があることを指摘し、Factomのホンジュラスにおける土地登記プロジェクトを例にあげた。

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.