初めての人民元建てETFの上場のためのMOUが締結

by Forex Magnates at 1 July, 2015 カテゴリ: 中国ウォッチ

Generic_Institutional-880x400

この2日間で、初めての人民元建てETFの欧州大陸における上場を含む2つの覚書(MOU)が、2地域からの代表者の間で締結された。

 

東京サミット2015で日本のFX、Fintechシーンを探索しよう。

 

まず月曜日(6月29日)に、中国トップクラスの商業銀行である中国建設銀行(CCB)と、ブリュッセルに本拠を置く国際決済機関のユーロクリアが、オフショア人民元市場の更なる育成に関する双方の意向を表明した覚書を締結した。両者は、人民元建てETFを含むオフショア人民元の金融商品・サービス提供の発展のため協働することを明言した。

続いて火曜日に、そのETFが現実となり、両社は再び脚光を浴びた。欧州地域の主要な証券取引所であるユーロネクストは、初めてのRMB建てマネー・マーケット・ETF(Commerzbank CCBI RQFII Money Market UCITS ETF)をパリ証券取引所に上場させた。CCB傘下のInternational Asset Management Limitedが投資マネジャーとなり、決済はユーロクリアのみで行われる。

このETFにより投資家は中国大陸の銀行間債券市場へのエクスポージャーを持つことができ、また人民元とユーロの双方で取引が可能である。

この上場にはもう一つのMOUが関わっている。こちらはユーロネクストとCCBとの間で締結されたもので、両者はCCBの欧州資本市場へのアクセスの拡大戦略の構築について合意した。

ユーロネクストの発表によると、合意には「(CCBの一部門が)ユーロネクストの取引メンバーになる可能性、CCB内におけるユーロネクストの金融商品へのアクセスの緩和、RMBによる支払決済」が含まれる。

「両社による協力は、RMBの更なる国際化を促進し、ユーロネクストの市場がオフショア人民元の取引の中心になることを可能にする。MOUはまた中国企業による欧州での資金調達、投資、商品取引への道を開く。」

ユーロネクストの最高経営責任者代行のJos Dijsselhof氏は、「我々ユーロネクストの市場に上場したETFの投資マネジャーのCCBを歓迎する。人民元は国際取引にますます使用されており、今回はユーロネクストにとってエキサイティングなステップである。我々は人民元建て商品の育成を継続し、中国の投資家を我々の市場に歓迎する。」と述べた。

CCBの取締役会長であるWang Hongzhang氏は、「欧州におけるオフショア人民元の市場の育成はCCBの国際化戦略において重要な要素の一つである。ユーロネクストとの協力は重要な歴史的節目となる。我々は、今回の取り組みにより欧州の資本市場に対しよりアクセスできるようになるだけでなく、我々の組織を国際化し、顧客に対しユーロネクスト・パリに投資するというもう一つの投資手段を提供し、また、フランスの企業・金融機関・投資家にとっても人民元建て商品の活用拡大を促し、最終的に人民元の国際化を促進することを確信している」と述べた。

確かに今回の出来事はより大きな話につながる。すなわち、中国の通貨の国際化だ。中国経済の隆盛に伴い、人民元の国際化はより幅広い改革の一部となってきた。国際市場に通貨を開放することは、国内金融市場の進歩的発展および民主化にとって不可欠な要素とされる。オフショア人民元の国際的な継続使用は、真のグローバルな準備通貨に近づくための一歩であり、人民元「価値保存」に更に貢献する。

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.