Millennium Capital ExchangeのCEOが出資金詐欺で起訴

by Forex Magnates at 30 June, 2015 カテゴリ: その他 | 海外その他

Regulation

現任の米国司法長官のJohn Hornは、百万ドル以上の出資金詐欺スキームにより投資家を騙したとしてStafford S. Maxwellを有罪とした。

東京サミット2015で日本のFX、Fintechシーンを探索しよう。

Maxwellは、2008年から2012年にかけ、詐欺FX取引会社の Millennium Capital Exchange Inc.のCEOを務めた。同社は、同社の取引から生じる利益から生じるという確定利回りを約束し、米国全土で投資家から計百万ドル以上を集めた。

しかし、外為取引は存在しなかったとみられる。その代わりに同社は毎年損失を計上していた。Maxwellは投資家の資金をスイスの銀行口座に置いて、詐欺を遂行した。

Maxwellは、「配当」の分配と偽って約半分の資金を初期の投資家に返還した。残りはMaxwellの個人的な費用に充当するために使われた。

Maxwellに対する判決は2015年9月2日に言い渡される予定。本件は広く腐敗したトレーダーの直近の例である。米国および英国の規制当局は、金融犯罪に対する個人の自己責任を明言した。

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.