30日の東証大引けは反発、125円高。ドル/円は122円前半でもみあい

by Forex Magnates at 30 June, 2015 カテゴリ: 国内 | 小売外国為替

japanese-flag-300x136

30日の日経平均株価は前日比125円78銭高の2万235円73銭で終えた。前日にギリシャ危機を受け596円安と今年一番の大幅な下落となっていた反動で買戻しや自律反発の買いが入った。

 

東京サミット2015で日本のFX、Fintechシーンを探索しよう。

 

大幅安が続いていた上海総合指数が後場にプラス圏に転じるなどアジア株が総じて堅調に推移したことも投資家心理の安定化につながった。

30日の東京外国為替市場で円は122円前半でもみあい、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の122円前半だった。ギリシャのユーロ離脱リスクを受けリスクオフが進み円が買われたが、ドルの下値では押し目買いもはいっている。

 

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.