タンゴカード社とスナップカード社が提携 ビットコインで報酬受け取りが可能に

by Forex Magnates at 27 June, 2015 カテゴリ: その他 | 仮想通貨 | 金融 テクノロジー

Tango

人気オンライン報酬システム、タンゴカード社はビットコインウォレットプロバイダ・スナップカード(Snapcard)と提携をし、ユーザーがビットコインで報酬を受け取ることが可能になった。

東京サミット2015で日本のFX、Fintechシーンを探索しよう。

当ウェブサイトによると、タンゴカード社は拡張可能でカスタマイズされた報酬プログラムの構築をサポートを行っており、サポートされたプログラムには全国的及び国際的な小売業者e-giftカードと非営利的な寄付も含む。スナップカードはそのサービスを補強するため、今年初めにそのウォレットシステムを発足し、販売時点情報管理(POS)システムを通して、ビットコインの受容を増やすことを目指している。

サービスAPIとスナップカード社MassPay APIとしてのその報酬のおかげで、タンゴカード社の報酬プログラムのいずれにおいても、現在ビットコインを発行することができる。後者はタンゴカードユーザーがe報酬プラットホーム上でビットコインをその報酬として選択ができ、それをスナップカードのウォレットに送金できる仕組みとなっている

MassPay APIでは、誰でもUSDAUDCAD又はEURで資金を持つことができて、その資金をビットコインに変換し、SMS又は電子メールで転送する。受取人は0.25%の手数料でそのビットコインを現金化することができる。

タンゴカード社のパートナーシップ バイスプレジデントNat Salvione氏 は次のようにコメントした。

「ビットコインは、我々の報酬カタログへの素晴らしい追加です。それは本当に摩擦がなく、グローバルで我々の報酬プログラム参加者がそれを登んでいるということだ。」多くの参加者のため、買い物客が受動的に簡単にビットコインを取得できるよう、機能を簡素化する予定だ。

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.