りそなが公的資金を完済 国の利益は3000億円

by Forex Magnates at 26 June, 2015 カテゴリ: 国内総合

imgres

金融大手のりそなホールディングスが、ピーク時には3兆円を超えた国から投入された公的資金を完済したことを発表した。

東京サミット2015で日本のFX、Fintechシーンを探索しよう。

りそなは経営が悪化した2005年に1兆9600億円の公的資金の投入を受け、実質国有化された。それまでに投入された公的資金を含めると、ピーク時には3兆1280億円に上っていた。

その後りそなは個人向け事業の強化や事業の効率化をすすめ、収益を増やし、段階的に公的資金を返済してきた。残っていた最後の960億円を25日に返済し、すべての公的資金の返済を計画より2年半以上前倒して終えることができた。

利益を上乗せして返済したため、約3000億円の利益が国に計上された。

りそなホールディングスの東和社長は「りそなグループはこれでスタートラインに立ったと思っている。新しいサービスを提供して、皆様のお役に立つことで恩返しをしていきたい」とコメントした。

ファイナンスマグネイト東京サミット参加及び展示やスポンサーシップへのご参加に関しての詳細は、summit@financemagnates.comまでご連絡ください。





コメントはまだありません.